自分でバイクをコーティングするなら

自分でバイクをコーティングしたいという人におすすめのコーティング剤がピカピカバイクコーディングです。ピカピカバイクコーティングはプロの業者ではなく、ユーザーが自分で施工する前提で作られているので、誰でも簡単にバイクをコーティングすることができます。

 

基本的な施工方法はまず洗車してからバイクに塗布し、固まる前に布で拭き取ります。そして、実用硬度に達する約12時間後にメンテナンスリキッドを塗布して撥水力をプラスすれば施工完了となります。ただし、洗車後に汚れや油分が残っているとムラができやすくなるので、ワックス成分が配合されていないシャンプーを使って丁寧に洗車し、汚れや油分を残さないようにすることが大切です。

 

また、一度に全部塗布してから拭き取ろうとすると、最初に塗付した部分が固まってしまうので、1つの箇所を塗布したらその箇所を拭き取ってから次の箇所に進むことが大切です。また、表面の撥水力は時間が経過すると徐々に低下していきますが、その時はまたメンテナンスリキッドを塗布すれば撥水力が蘇ります。”