くせになっている腰痛の予防法

もともと腰が弱く、腰に疲れが溜まるとすぐに腰痛になる私。整形外科にかかった時に、「腰痛がくせになっているから日常的に気をつけなさい」との指摘を受けました。

 

思い返せば初めて歩けないほどの激痛に襲われたのが、まだ20歳すぎの若い頃。海外旅行に出かけた際に、旅慣れていなかった私は高いヒールの靴を履き、長時間手続きなどで待たされた後にまた長時間のフライト。

 

旅先に着いて観光をしている間に、どんどん腰に痛みがはしるようになり、旅行の2日目からは寝たきりの状態に。せっかくの旅行が台無しになったという経験があります。それからというもの、立ったり座ったりが多い仕事をしたり、引っ越しの作業で重い荷物を運んだりと腰を酷使する度に腰痛に悩まされるようになりました。

 

何度も繰り返しているうちに、実際に症状が出る前に「腰が痛くなりそうだな」という予感がするようになりました。そこで現在では、その予感がした段階で、整形外科で購入した腰痛ベルトをするようにしています。日常的にベルトをしていると筋力が弱ってしまうということなので、ベルトをするのは1日か2日の日中だけ。

 

それでも痛くなる前に腰にかかる負担が減るからか、その予防法を実践してから一度もひどい腰痛になることがなくなりました。自分なりの腰痛予防法です。