洗車クロスの素材について

洗車クロスの素材には、以下のような種類があります。
一つ目は、「PVA(ポリビニルアルコール)」。
吸水性が高いため、わずかな水滴も残さず拭き取ることができます。
また、性能が劣化しにくいので、長く使えるというのも利点です。
ただし、撥水コーティングされているボディーだと滑りが悪くなるので、傷を付けてしまうことがあります。
二つ目は、「セルロース」。
吸水性が高いという特徴はPVAと同じですが、こちらは滑り性能も高いので、撥水コーティングされたボディーにも使いやすい素材です。
ただし、ワイピング性能はあまりよくないので、湿度が高い時は使いづらくなりがちです。
三つ目は、「マイクロファイバー」。
いちばん使われている素材であり、よく埃を取ってくれます。
ただし、吸水性は他の素材と比べると低めです。
四つ目は、「合成セーム」。
耐久性があるうえ、親水と撥水の両方に使えます。
ただし、気温が低い時は吸水性が下がることがあります。私は洗車用品専門店の通販サイトなどで洗車用品について調べて、選ぶようにしています。ただし、気温が低い時は吸水性が下がることがあります。