夏の車内をカーテンで少しでも快適に

私は夏の暑い盛りに車に乗るのが大嫌いです。日本の夏というだけでもこんなに暑いのに、車の中ときたら灼熱地獄なんですから!少しでも車の中の温度を下げようとなると、活躍するのはカーテンだと思います。私が子どもの頃、親の車には車用のカーテンがどの窓にももれなくついていました。布なのでちょっと匂いを吸い込んでしまっているという欠点はあったものの、太陽光を防ぐという役割は大いに果たしてくれました。
地球温暖化でますます暑さに凄みがかかってきている今、もう車に乗るにはカーテンや口コミで人気のスモークフィルムは必須といっても過言ではないと思います。クーラーを急いでガンガンに効かせないと熱中症になってしまうかもしれませんから、ただ暑さを緩和するという意味だけでなく健康管理のためにも必要でしょう。
ディズニーの柄や、北欧からの女性に人気のものまで幅広くあるので、これからは車にカーテンは常識になるのではと思っています。夏には特に推奨されていくのではないでしょうか。