スモークフィルムを貼る際の注意点

車内を紫外線から守るため、プライバシー保護のためなどデザイン性以外の要素を気に入ってスモークフィルムを貼ろうと考えることがあるかと思います。断熱効果や万が一窓ガラスが割れてしまうようなことがあった際に飛散しづらくなるなど様々なメリットがあるスモークフィルムですが、自車に貼る際には注意するポイントがあります。
それは貼る窓と可視光線透過率です。スモークフィルムとはその名の通り窓にスモークがかかったような状態となるため、フロントガラスに貼ってしまうと車内から車外を見るときは勿論、車外を歩く歩行者などから運転手が確認できないなど危険が生じてしまいます。そのためフロントガラス、運転席と助手席のガラスは可視光線透過率が70%以上なければならないという決まりがあるのです。最近の車は元から可視光線透過率が70%程度にされているものもあるため、その場合には貼ってはいけないということになります。
スモークフィルムを貼る際には窓によって透過率の違うフィルムを選択するなど工夫をし、安全な車作りをしたいものですね。
PR│スモークフィルムを貼る