若者の自動車との付き合い方について

最近若者の間で車離れが激しいというニュースをよく聞きます。日本国内の自動車登録台数も減る一方
というニュースも。しかし、実際に車を運転することに対しての興味が薄れるということにもつながって
いるのかといえば、そんなことはないと思います。変わってきているのはライフスタイルをつくっていく
上で、所有するという形態にとらわれなくなっているということだと思います。実際に都心に住んでしまえば
高い駐車場台を支払わなくとも電車やバスでどこでも移動することができます。逆に旅行や遠出するときには
カーシェアやレンタカーでも十分にまかなえます。それも自分が好みのタイプをオーダーして乗ることが出来る
わけですから。こうなれば、無理して高い維持費とイニシャルコストを出そうということにはなりません。
要するにこうした背景も手伝って、若い層が車を購入しないことに繋がっているわけです。ですから、どんな形
であれ、車の利用をしないということではありませんのでまだまだ車社会は続いていくと思います。あとは
社会のニーズを捉えて開発をしていくことことがでくれば、産業としてはほぼ永続的に発展していける業界では
ないでしょうか。私自身は、評判のカーコーティング店でセラミックコーティングをするなど大切に車を愛用しています。